ホーム > 製品&サービス > 医療機関向け(活用事例) > MDV代表岩崎博之の病院長インタビュー

MDV代表岩崎博之の
病院長インタビュー

記事一覧

【第3回】松阪市民病院 院長 小倉 嘉文氏

「地域完結型の医療を支える拠点づくりを目指しています。」
半径5km圏内に3つのDPC病院がひしめく激戦区に位置する松阪市民病院。
病院の得意分野を打ち出す「センター化」の推進や、人事評価制度の導入など、自治体病院の常識を破る小倉氏の病院経営にかける思いをうかがった。

【第2回】財団法人杏仁会 江南病院 院長 内賀嶋 英明氏

「2025年のモデルを見るにつけ、民間病院の進むべき道を考えさせられます」
熊本方式で有名な熊本市に病院を構える、財団法人杏仁会 江南病院。
“呼吸リハの江南病院”の院長である内賀嶋氏は、医療の質・病院経営の二つの視点から、院内完結型リハビリを行うことの重要性を説く。

【第1回】社会福祉法人恩賜財団 済生会支部 福岡県済生会福岡総合病院 院長 岡留 健一郎氏

「目標がしっかりしていないと組織はガタガタになってしまいます」
2011年に創設100年目を迎えた済生会。その全国80ある済生会病院の代表を務めているのが福岡県済生会福岡総合病院院長である岡留健一郎氏だ。
組織を動かしていくには、徹底したビジョンの共有が大切だと説く。