ホーム > 会社情報 > 沿革

沿革

2003年

8月 設立(8月20日)
12月 医療経営支援ツール「Marking Vision」をリリース(2010年サービス終了)

2005年

9月 クリニカルパス構築支援ツール「Path Manager」をリリース(2010年サービス終了)

2006年

8月 GLOBAL HEALTH CONSULTING社とDPC 分析ベンチマークシステム「EVE」をリリース
12月 株式会社メディパルホールディングスに対し、第三者割当増資を実施
(旧:株式会社メディセオ・パルタックホールディングス)

2007年

3月 三菱商事株式会社に対し、第三者割当増資を実施
4月 DPC コスト分析ベンチマークシステム「Cost Matrix」をリリース
6月 ユーザ会「えむでぶ倶楽部」 幹事病院8病院にて発足
11月 DPC 詳細分析ベンチマークシステム「EVE-ASP」をリリース

2008年

4月 「EBM Provider」事業を開始

2009年

7月 シミック株式会社と資本提携
9月 病院向け経営支援システム「Medical Code」(「算定率向上シナリオ」搭載)をリリース
10月 訪問看護アセスメント支援システム「看護のアイちゃん」をリリース(2011年に事業譲渡)

2010年

4月 国際医療福祉大学大学院にて寄附講座(医療経営戦略コース/h-MBAコース)開設
6月 富士フイルム株式会社と資本提携を完了、業務提携を開始
10月 「Medical Code」に「患者日別原価計算」を追加搭載
12月 「Medical Code」に「薬剤処方改善シナリオ」を追加搭載

2011年

11月 九州支店を開設(福岡県福岡市博多区)

2012年

1月 聖路加国際病院と原価計算の分野で協業開始
3月 「Medical Code」に「診療報酬改定シミュレーション」を追加搭載
健康保険組合様向けASP型データ分析ツール「けんぽアナライザー」をリリース
健康保険組合様加入者向け健康管理サイト「めでぃログ」をリリース
8月 診療データ分析ツール「MDV analyzer」をリリース

2013年

3月 「日経テレコン」に「MDV診療データ」を配信開始

2014年

12月 東京証券取引所市場マザーズに上場

2015年

2月 OTC、H&BCに関する分析サービスを開始
3月 疫学調査支援分析システム「MDV analyzer for Academia」をリリース
4月 子会社CADA株式会社を設立
5月 医師専門転職サイト「メディリア」をリリース
6月 病院向けデジタル健康ソリューション「エースビジョン」をリリース
11月 経営可視化ソリューション「Hospital eye」をリリース

2016年

2月 インシュアランス業界向けデータ分析サービスを開始
3月 診療統計データ分析レポート「Medical Trend Report for インシュアランス」をリリース
6月 インシュアランス業界向け「がん領域提携サービス」をリリース
7月 インシュアランス業界向け「MCI・認知症に特化した提携データセット」をリリース
8月 株式会社シーエスアイと業務提携を開始
10月 病院向けデジタル健康ソリューション「CADA-BOX」をリリース
11月 実臨床現場における医療材料のメーカー別・製品別シェア分析調査サービスをリリース
11月 東京証券取引所市場弟一部指定

2017年

1月 株式会社Doctorbookを子会社化
2月 OTC医薬品・H&BC製品を製造販売を行なう子会社MDV コンシューマー・ヘルスケア株式会社を設立
3月 メディエ株式会社と協業開始

会社情報