ホーム > プレスリリース > 2017年 > 「Medical Trend Report for マーチャンダイザー」 2017年7月24日(月)より提供開始

プレスリリース

「Medical Trend Report for マーチャンダイザー」
2017年7月24日(月)より提供開始

国民の7人に1人に相当する病院の実診療データベースを基に、
より客観的なマーチャンダイジングが可能に

2017年7月24日

 医療情報活用のパイオニアであるメディカル・データ・ビジョン株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:岩崎 博之)は、診療統計データ分析レポート「Medical Trend Report for マーチャンダイザー」を2017年7月24日から提供開始することをお知らせいたします。

サービス提供の背景・概要

【背景】
 2013年の「日本再興戦略」で「国民の健康寿命の延伸」がテーマとして掲げられて以来、セルフメディケーション(自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること)の重要性が喚起されています。この環境下で、OTC医薬品・H&BC製品メーカーはもちろんのこと、それら商品を取り扱うドラッグストアにおいては、消費者のニーズを汲み取った商品を、適切な価格・数量・場所・タイミングで提供するための活動(=マーチャンダイジング)が今まで以上に重要視されています。
 この度の「Medical Trend Report for マーチャンダイザー」は、セルフメディケーションのサポートに携わる全ての方々が、診療統計データ分析結果の活用によって、より質の高いマーチャンダイジングを行えるよう、その支援を目的に提供するものです。

【概要】
 当該レポートは、匿名化された病院の実診療データ約2,000万人分のデータベースをもとに、OTC医薬品を29カテゴリー、食品・機能性食品を26カテゴリーに分類し、市場規模やシーズントレンド、生活者インサイトの把握に繋がる各種統計データをレポートしています。情報バイアスや購買者と使用者のギャップが発生してしまいがちなマーケティングリサーチや物販データ解析ではなく、実診療データベースを活用することで、客観的なマーチャンダイジングが可能となります。

【提供内容詳細】
構成     :レポートは「OTCカテゴリー分析」と「食品機能性食品カテゴリー分析」で構成されており、
        前者では「MDVOTCマスタ」のうち29OTCカテゴリーを対象とした分析を、後者では「MD
        V食品・機能性食品マスタ」のうち26カテゴリーを対象とした分析を、下記6つの切り口で
        レポートしています。
        ・ カテゴリー別疾患ランキング TOP25
        ・ 属性別カテゴリーランキング
        ・ 属性別 TOP5 カテゴリー 疾患ランキング TOP25
        ・ 属性別 TOP5カテゴリー別 併病ランキング
        ・ カテゴリー別クラスター分析
        ・ 属性別罹患パターンカレンダー(月別シーズントレンド)
提供開始日  : 2017年7月24日
提供価格   : 10万円
提供対象   : H&BCメーカーのマーケター、マーチャンダイザーおよびドラッグストア、薬局・薬店の
         バイヤー、マーチャンダイザー、薬剤師、登録販売者など

<OTCカテゴリー:カテゴリー別疾患ランキングTOP25(例)>

※画像はイメージです

<食品・機能性食品カテゴリー:TOPカテゴリー別 属性別 併病ランキング>

※画像はイメージです

プレスリリース