ホーム > 採用情報 > 社員インタビュー > システム開発

システム開発

MDVに入社を決めた理由は?

これまでSIerやWEB開発に従事してきましたが、IT業界の仕事に限界を感じ、一度はIT業界から離れて塾講師を経験しました。そんな模索の中で、母親が看護師であったこともあり、ICT化が遅れている医療業界で少しでも経験が役立てばと思い、医療情報技師の資格を取得して医療系SEを目指していました。
そんな矢先、「医療をITで変えようとしているすごい会社があるみたい!こんな会社に入社できたら良いね」とMDVの求人を見た妻からの一言。その求人を見た途端、履歴書の志望欄に「より良い医療の発展に寄与したい」と喜々として書いている自分がいました。
面接の際、代表の岩崎から「仕事とは社会や人の幸せの為にやって初めて仕事と言える」と言われ、自分の経験と能力をMDVを通じて社会貢献に活かすのが自分の使命だと実感し、入社を決めました。

今の仕事・役割を教えてください

WEBサービスの開発・運用、技術調査・検証などを行っています。私が所属するシステム開発は、実際にものをつくり出す部門で、企画担当者からの企画案を具現化するための調査・研究を行います。さまざまな問題を解決する中枢でもあり、問題の原因を追究、可視化して解決していくことが主な役割です。社内の開発部門ですから、問題の解決法はICTの枠に限りません。作らずに調達することを考えたり、目的に則して企画内容そのものを再提案したり、目に見えないものを具体的な手段によって形にすることが期待されます。

仕事上のやりがい・喜び、苦労した点はどんなこと?

自分が開発を担当しているサービスや商品で、身近な人々の健康に寄与できることがやりがいであり喜びです。
また、個人の作業になりがちな開発作業において、目標意識の高いメンバーに支えられてチームでつくり上げることもまた喜びです。
苦労する点は、医療業界の改革という大きな目標に対して、現在の作業がどうつながるのか、常に意識しておかないと迷子になってしまうところでしょうか。それだけ大きな目標があるのは、一方でやりがいにも繋がっています。

ずばり、MDVの魅力は?

医師や看護師でない自分でも、ICTで人々の健康に貢献できることです。
これまでICT技術の習熟に明け暮れ自分が何をすべきか迷う日々でしたが、今は手にした技術を医療の質の向上や社会貢献に繋ぐという明確な目標があるため、迷いなく1本の道を進んでいます。
また、代表の強い思いが医療の改革という大きな目標にあることと、役職全員が同じところを目指していることも最大の魅力です。

入社を検討されている方へのメッセージ

自分にできる事とやりたい事を明確にして、MDVのビジョンとの重なりを考えてみてください。重なれば必ず活躍できると思います。また、目標達成には大きな変化が必要な場面もあり、思考の柔軟性と変化を楽しめる感覚も必要です。集中して短時間で成果を出すことにこだわるため、残業も少なく、ワークライフバランスが取りやすい環境です。自身の健康と家庭を大切にして、我々と共に充実した仕事で医療業界を改革していきましょう!

採用情報