ホーム > 採用情報 > 責任者紹介 > 営業担当

営業担当

入社のきっかけは?

私は2012年にMDVに入社しました。
私には病気で苦しい思いをしている身内がおり、私自身も過去に長期の入院を経験しています。MDVについては、「医療業界を変えていこうとしている会社」として前から名前は知っていて、興味はもっていました。MDVが目指す「医療データの利活用で生活者のメリットを創出する」というビジョンが実現すれば、病気で苦しむ自分の身内も自分自身にとっても、一生活者として大きなメリットになると感じていました。実際に代表の岩崎と話して彼の医療改革への想いに触れた時、「この人なら本当にやり遂げるかもしれない」と直感し、私もその大きな変革の風を巻き起こす一員でありたいと思い入社を決めました。

営業部とは?

営業部は主に、病院向けの商品である「EVE」と「Medical Code」を販売しています。
営業というポジションにいる以上は当然、売上と利益の確保が求められます。現実的な話になってしまいますが、MDVが目指す「医療データの利活用で生活者のメリットを創出」に向かうためには資金が必要ですから、そこは抑えねばいけません。
しかし、私たちMDVの営業は「ただものを売る部隊」ではありません。MDVが提供する商品はどれもが一歩先を行く商品だと思っていますが、一歩先に行っている分、導入の必要性を感じてもらうための啓発活動が必要になってきます。
また、お客様からの生の声を社内にフィードバックする機会も多くあります。こういった意味で私たち営業は、商品の販売を通じて、病院の皆さまへの啓発活動やMDVのブランド力向上のほか、お客様の声を商品企画に反映させる、という役割も最前線で担っているのです。

MDVで営業をする魅力とは?

どこの会社も一緒ですが、営業として数字を追っていくというのは楽な道ばかりではありません。
医療という少し特殊な分野で動いていかなければならないですし、国の皆さまがお客様ですから全国を飛び回らなければならない時もあるでしょう。
しかし、それをも凌駕する楽しさがMDVの営業にはあるのです。例えば、MDVのブランド力向上のために、営業サイドから「あんなことをするのはどうだろう」「こんなことをするのはどうだろう」と部署を飛び越え、時には社長へ直接企画を提案できる風土があります。
しかも、それが「よし」となれば一斉に会社全体が動いてすぐにやらせてもらえる。一人一人に与えられた裁量が大きく、「売るだけ」の営業とはひと味もふた味も違う仕事ができるのが大きな魅力です。
また、誰かが困っている時には皆が知恵を出し合って、営業部全体で壁を乗り越えていこうという意識がメンバーに浸透しているのもいい環境だと思います。

求める人材は?

私は、営業というのは「どうしようと思っている時に、こいつに相談すればなんとかなる」と相手に思ってもらうことが仕事だと思っています。そうすれば自ずと結果は付いてきます。
ただ、そのためには、相手が何を考えているのか、何を欲しがっているのか、と思慮深く考え積極的に行動していく力が求められます。これは受身ではできないことですから、私は自ら考え動ける人を歓迎します。あとは、タフさですね。

採用情報