ホーム > IR情報 > 経営方針 > ディスクロージャーポリシー

ディスクロージャーポリシー

基本方針

メディカル・データ・ビジョン株式会社(以下、当社という)は、株主・投資家の皆さまに対し、当社の経営方針や事業戦略、業績・財務に関わる情報を、分かりやすく公平かつ正確に提供することを基本方針としており、適時適切な情報開示を心掛け、積極的なIR活動を展開します。

情報開示基準

重要情報の開示
当社は、会社法、金融商品取引法、上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関わる規則(以下、適時開示規則という)等の情報開示に関わる諸法令・諸規則に従って情報開示を行います。投資判断に重要な影響を与える決定事実、発生事実、決算に関する情報が生じた場合には、適時開示規則の基準に沿って迅速に開示いたします。
任意情報の開示
適時開示規則に該当しない場合でも、投資家の方々に当社を理解いただくために重要あるいは有益であると判断した情報につきましては積極的に開示します。
なお、個人情報、顧客情報、及び関係者の権利を侵害することになる情報につきましては開示しません。
対面での情報開示
情報提供の公平性を保つため、当社が主催する説明会や株主・投資家の皆様との個別面談、および問い合わせにおける情報開示につきましては、既に発表済みの開示情報の範囲内に限り情報開示を行います。

情報開示の方法

適時開示規則に該当する情報につきましては、東京証券取引所が提供する「TDnet(適時開示情報伝達システム)」へ登録し公開した後、速やかに当社ホームページに掲載します。適時開示規則に該当しない情報につきましても、ホームページへの掲載等により広く開示します。

将来の見通しについて

当社では、当社が株式上場している東京証券取引所に提出する業績予想に加えて、その他の方法により、業績見通し、計画、戦略等を提供する場合があります。 いずれの場合におきましても、現在入手可能な情報・仮定および判断に基づく将来の業績等に関する見通しであり、リスクや不確定な要因を含んでおります。従いまして、将来、実際に公表される業績等は、さまざまな要因によりこれらの見通しとは大きく異なる結果となり得ることをご承知おき願います。
なお、当社は、第三者によるいかなる業績予測やレポート、および市場の風説を支持するものではなく、当該情報に関する一切のコメントを控えることとしております。

サイレント期間について

当社決算に係る情報については、各決算期末日の翌日から決算発表日までを「サイレント期間」とし、この期間中は、決算・業績見通しに関する質問への回答やコメントを差し控えております。ただし、沈黙期間中に業績予想を大きく外れる見込が出てきたときには、適時開示規則に従い、適宜情報開示を行います。
なお、サイレント期間であっても、すでに公表されている情報に関するお問い合わせ等につきましては、対応させていただきます。「サイレント期間」は決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するために設定しているものです。何卒ご理解いただきたくよろしくお願いいたします。

すぐわかるMDV~全ての株主・投資家の皆さまへ~

IR情報