ホーム > 製品&サービス > 製薬関連企業向け(活用事例)

製薬関連企業向け

ケーススタディ

薬剤の処方実態を把握したい方に

導入製品:MDV analyzer
アドホック調査サービス

相談事例

  • 新規・継続処方の推移や薬剤の切り替え状況を知りたい。
  • 処方されている疾患が知りたい。
  • 併用薬剤が知りたい。

導入前の課題

今まで患者単位で正確に把握できるデータがなかった。

導入後の効果

  • 新規・継続患者の把握ができた。
  • 同薬効以外への切り替えや処方中止の状況などが把握できた。
  • 適応疾患別の患者数、処方量などが明らかとなった。
  • 併用薬剤について把握できた。

新規開発分野での市場規模を把握したい方に

導入製品:MDV analyzer
アドホック調査サービス

相談事例

日本での特定の疾患や投薬、処置など治療された患者数が知りたい。

導入前の課題

  • 今まで患者単位で正確に把握できるデータがなかった。
  • 前向き調査を実施すると時間と費用がかかる。

導入後の効果

  • 領域別の患者数(性別や年代)や、処方実態などが把握できた。
  • 新規参入を検討する際の資料として活用できた。

医療経済の分析が行いたい方に

導入製品:アドホック調査サービス

相談事例

同一疾患における診療内容の違いにおいて、医療費が異なるのかを確かめたい。

導入前の課題

  • 医療コストに関わる情報が入手できない。
  • 包括診療などでの患者負担が把握できない。

導入後の効果

実際の臨床データに基づく分析が可能なので論文化ができた。また、薬価関連の申請資料として利用できた。

シグナル/リスクの検出・評価を実施したい方に

導入製品:アドホック調査サービス

相談事例

リスク評価に求められる各指標を収集したい。

導入前の課題

  • 日本人特有の症例など情報が取得しにくい。
  • 照会事項に関する患者数を文献や社内資料で確認していると時間がかかってしまう。
  • 費用がかかる。

導入後の効果

レトロスペクティブの分析のため、データ収集が迅速にできた。
また、薬剤や疾患などの条件を設定して患者数が即座に確認できるので、照会事項についても迅速な回答ができるようになった。

関連製品

製品&サービス(活用事例)