ホーム > すぐわかるMDV > MDVのキーワード

MDVのキーワード

DPC/PDPS

Diagnosis Procedure Combination / Per-Diem Payment Systemの略で、急性期病院における入院時医療の包括払い制度のことを指します。「医療の標準化・均てん化を図って医療の質を高める」ことを目的に、2003年4月に厚生労働省が導入しました。

従来の診療行為ごとの点数をもとに計算する「出来高払い方式」とは異なり、DPC(Diagnosis Procedure Combination:診断群分類のことで、疾患と診療行為の組み合わせをいう)に基づいて厚生労働省が定めた、入院1日当たりの定額の点数からなる包括評価部分(入院基本料、検査、投薬、注射、画像診断など)と、従来通りの出来高評価部分(手術、胃カメラ、リハビリなど)を組み合わせて計算する方式です。

DPCデータ

診療情報の全国統一データを指し、様式1・Eファイル・Fファイル・Dファイルからなります。

様式1は簡易版の退院サマリで、患者の性別や生年月日、入退院年月日、病名・手術情報などのさまざまな診療録情報が記載されています。患者の概略を把握ができます。

E・Fファイルは月に1つ作成されるファイルで、「いくらの診療報酬点数の診療行為をどれだけ実施したか」という情報が記載されています。
E・Fファイルには共通して、データ識別番号、入退院年月日、データ区分(手術、検査、処方などの診療区分に対応)に関する項目が記載されています。一方、Eファイルには実施年月日や行為回数など、Fファイルには診療明細名称・使用数量・基準単位などが固有に記載されています。

病院

病院とは、病床数(ベッド数)が20以上の入院施設を持っている医療機関様を指します。病床数が19以下の医療機関様は診療所(医院)として区別しています。

DPC対象病院

DPCの制度を取り入れている病院をDPC対象病院と呼び、日本にある8,000~9,000の病院のうち、1,585(2014年4月現在)がDPC対象病院となっています。DPC対象病院になるためには、厚生労働省が定めたいくつかの規準を満たし、厚生労働省から認可される必要があります。

診療報酬

医療機関様が行った手術や検査、薬剤処方などの診療行為に対する公定価格のこと指します。
医療機関様は患者が窓口で払う一部負担分を除き、医療費をレセプト(診療報酬明細書)として審査支払機関を通じて保険者に請求し、保険者は診療報酬点数表に基づいて支払いを行います。
診療報酬の価格は2年に1回、中央社会保険医療協議会で見直され、これを診療報酬改定と呼びます。

EBM

Evidence-based medicineの略で、根拠に基づいた医療を意味し、臨床研究結果を医療現場の意志決定に用いる方法です。医師個人の限られた経験や勘ではなく、利用可能な設備や時間などの制限、患者さん固有の事情や意思などを総合的に判断して、科学的な根拠がある治療法を選択しようという考え方です。

すぐわかるMDV