ホーム > 採用情報 > 責任者紹介 > 管理担当

管理担当

入社のきっかけは?

もともと私は投資の世界におりましたが、投資で培ったスキルをその会社のために発揮したいと考えた時、行きたい会社として真っ先に頭に浮かんだのがMDVだったのです。短期的に利益を出す会社はいくつも見てきましたが、長く存続するのは本当の意味で社会貢献している会社であり、MDVはまさにそのような会社でしたから、迷いはありませんでした。もちろん、MDVが目指す医療改革に強く共鳴したというのが最大の入社の動機であることは言うまでもありません。

管理部とは?

MDVの管理部は、人・もの・金・情報という経営資源の管理をするだけでなく、我々の経営理念である「医療や健康分野での革新的な活動を通じ、生活者のメリット創出」を実現できる組織体や仕組みを作り上げることを使命としています。

例えば、「全員が主役」「部を超えた思考」などの企業風土をより浸透させることも重要な仕事のひとつです。MDVの事業計画は、経営陣だけで決定されるものではなく社員全員で考え計画していくのですが、それは管理部が主管となっています。私たちは、「経営理念実現のために、いかに組織に成果を出す環境を醸成するか」という考えを大切にしています。

MDVの管理部で働く魅力とは?

自ら企画し、MDV全体をダイナミックに動かすことができる点は、MDVの管理部の大きな特徴です。会社のある課題に対して新しい仕組みを提案し、妥当であると判断されれば、プロジェクトを組んで皆で具現化していくことができます。行動力さえあれば、一人一人が会社を動かしていけるチャンスがあります。

求める人材は?

著名なスパイ映画やロールプレイングゲームを見ると、個々が専門性を高め、その力が結集され、一つのゴールに向かって難題を解決していくことが多く、人はその展開と達成感に爽快さを覚えます。言い換えれば、「主体性やチームワークを軽視する」「専門知識の習得を怠る」「問題解決のために新たな価値を創造できない」ということであれば、そもそもチームにも加われず、ゴールにも到達できないということです。
MDVの管理部では、個々がもつ専門知識を常にブラッシュアップしていく貪欲さはもちろんのこと、「医療や健康分野での革新的な活動を通じ、生活者のメリット創出」を実現できる組織体や仕組みを作り上げる創造性と実効性が求められます。経営理念の実現というゴールのための仕掛け手集団として、MDVの全組織を大きく動かし、世の中を変えていくことに喜びを覚える人材と一緒に働きたいと考えています。

採用情報