ホーム > プレスリリース > 2018年 > 「Medical Code」に原価計算ベンチマーク機能を新たに搭載! 他院比較の経営判断が可能に

プレスリリース

「Medical Code」に原価計算ベンチマーク機能を新たに搭載!
他院比較の経営判断が可能に

2018年7月24日

 医療情報のネットワーク化を推進するメディカル・データ・ビジョン株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:岩崎 博之)は2018年7月25日(水)から、 経営支援システム「Medical Code」の原価計算機能に自院の原価計算の結果を他院と比較できるベンチマーク機能を追加することをお知らせいたします。

【サービス提供の背景・概要】

 少子高齢化や医療費抑制を社会背景に、厳しい経営環境に直面している地域医療を担う急性期病院では、さまざまな経営改善が求められています。その中でもこれからの病院経営では、適切な利益を確保するため診療科別・症例別原価計算の分析が不可欠となります。
 従来、「Medical Code」の原価計算機能を利用している病院からは、計算結果を活用した経営改善の対策につなげるために「原価計算の結果が赤字だった場合、それが改善の余地がある疾患なのか、赤字もやむを得ない疾患なのかを知る方法はないか」という声が多く聞かれていました。
 このような状況を受けてこの度、 「Medical Code」の原価計算機能に、自院の原価計算の結果を他院と比較できるベンチマーク機能を追加することとなりました。他院の原価計算結果は、自院だけでは判断できない課題や経営改善を目指したPDCAサイクルを確立する上で、必要不可欠な判断材料になります。

【提供内容詳細】

■提供開始日 : 2018年7月25日(水)
■提 供 形 態 : 「Medical Code」原価計算の追加機能として提供
■利 用 料 金 : 無償
※当該機能は当社の経営支援システム「Medical Code」に追加される機能であり、新たな料金は発生いたしません。

<「Medical Code」追加機能分析画面イメージ>

プレスリリース