ホーム > プレスリリース > 2018年 > 社会医療法人博愛会相良病院、「CADA払い」スタート 不意の高額な医療費負担を軽減

プレスリリース

社会医療法人博愛会相良病院、「CADA払い」スタート
不意の高額な医療費負担を軽減

2018年8月24日

 相良病院(鹿児島市松原町)などを運営する社会医療法人博愛会は、九州で初めて導入したメディカル・データ・ビジョン株式会社(東京都千代田区、以下「MDV」)の病院向けソリューション「CADA-BOX」で、新たに「CADA払いサービス」を8月27日に開始します。

 当サービスを利用することで、診察券の提示で医療費決済が可能となり、現金やクレジットカードが不要となります。「CADA払い」は支払回数や金額などを自由に設定できるため、不意の高額な医療費による経済的な負担を軽減でき、安心して治療に専念していただくことができます。

 「CADA-BOX」はMDVが提供する、患者さんが自身の診療・健診(検診)データを管理・閲覧できる「カルテコ」を付帯した病院向けソリューションです。「カルテコ」を利用することで、CT・MRIなどの検査画像を閲覧できるほか、検査結果の経年変化を比較することが可能。「カルテコ」は4月に先行して始まっています。

 これらのサービスにとどまらず、これからも当法人は患者さんが前向きに治療と向き合える環境づくりに力を注いでまいります。


プレスリリース